賃貸だけど楽しめる♪プチリフォーム計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しというと就職や転勤など、日本では3月から4月にかけての年度替わりが多いようだが、気分転換や趣味としてもっと気楽に何度も引越しを行っている人達かいる。
大概の場合、新しいことを始めたり区切りをつけたりと、何か心に思うことがあった時に、「心機一転」住処を変えて頑張ってみようと思うようだ。
そんな時に、持ち家を購入して自分の気に入った空間をつくるという考え方もあるが、最近では賃貸住宅でも様々なニーズに対応できるようになってきているので、その中から自分に合った部屋を探してみてはどうだろうか。
いくつかの賃貸住宅管理業者のホームページを確認すれば、気に入った物件の一つや二つは簡単に見つけることができるはずだ。
ところで国土交通省の報道発表資料(平成24年5月24日発表)によると、全国に賃貸住宅管理業の登録業者数は1,579業者(平成24年3月末現在)も存在する。
東京都が最も多く、次いで神奈川県、大阪府と続くが、この3つで全体の37%の賃貸住宅業者が集まっているそうだ。
もし私が東京へ転勤することになり、部屋探しをしなければならなくなったら、以前だと専門の雑誌をひとつひとつ確認するか、住みたい町の賃貸住宅業者をあちこち回るしかなかった。
前記のように東京には賃貸住宅業者がたくさん集まっていることを考えると、それだけでも嫌になってしまいそうだ。
しかし現代では多くの会社がインターネット上にホームページを持っているため、大体の条件は容易に確認できるようになっている。
間取りや周辺の環境、アクセス等気に入った部屋を見つけられるまで、賃貸住宅業者のホームページをいくつも短時間で確認できるのはありがたいことである。
インターネットで希望の物件をある程度絞り込んでから、実際の部屋を見に行けばよいのだから気軽に引越しができるのもうなずける。
引越しが趣味とまではいかなくても、賃貸住宅を上手に利用することで住まいも状況に合わせて変えてゆく、そんな時代が来ているのかもしれない。